Don't you think?


このブログを立ち上げてから、1年以上がたちました。訪問してくださったみなさまに、少しでも''考える時間''をもっていただければ本望です。 shioringo 2006年・春
by calvados_xx9
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
*お友達ブログ&サイト*
OVER-30 in CANADA
(オチャさんのブログ。粋です♪)
我思フカナダニテ
(クールなよしくんのあたたかいブログ)
Invisible Dragon
(在加歴10年超、男前な関西人!!不可視龍さんのページ)
カナダ 心の旅日記
The reason why I come to Vancouver is to meet her・・
夢に向かって
(ほんとのカナダってこんな感じ?移民・主婦・学生の3役と奮闘中!!Mさんのページ)
Masahyの夢日記
(このブログ好き!!artistマサくん)
The Adventures of Tom Sawyer in Canada    (JazzyなTom Sawyerのブログ、お勉強したい人へ)

松崎さんの反対は??


最近、私のところに入ってくる情報として多いのが

「生涯のパートナーは、自分の両親に似ている」

という哀しいお知らせである。

つまり、
男性は母親に似た人を嫁とし、
女性は父親に似た人を夫とする
と世間では言われているのだそうだ。

そんなの
私は認めないよ。
認めたくないよ。

私の父は、友人曰く‘松崎しげる’さんのイメージがあるそうだ。

となると、
私が生涯のパートナーを選ぶとするなら、
好きな人を探すよりも、

より‘松崎しげる’さんに似た人を探す方が、迅速かつ効率的!!
仕事できるじゃん!!ってことか??

えー

ま、それは妄想ということにして現実に戻ると、
母の父は、私の父と正反対のパーソナリティだ。
これは明確。
父方は、父の母は私が生を受けてすぐ亡くなったので、不明のまま。。
でも、話を聞く限り、私の母とは正反対のようだ。

となると、
私も両親の血を受け継ぎ、
父とは正反対のパーソナリティを持った男性をパートナーとするべきなのか?

松崎しげるさんの反対??

すごい虚弱体質ぎみ?

それはもっと

いやーーーーーーーーーーー!!!!!
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-02 23:30

ムスリムの女性への想い


この間、「これ、整理しておいてくれる?」といって私が秘書をつとめる(笑)男性から写真のデータを渡された。
中身はというと、先日彼が出張で中東に行った際のものであった。

いつもと違う種類の仕事に、時間帯はすでに残業タイムなれど、
写真をコピーしたり貼り付けたりと、これがなかなか順調にはかどった。

そして、その中の1枚の写真が私の目に留まった。
それは、真っ黒な衣装を頭から足の先まですっぽり覆われたムスリムの女性たちが仕事をしている様子を写したものだった。

話には聞いていたものの、本当に露出されているのは限りなく細い目の部分と、手のみ。
その他の部分はすべて真っ黒な布で覆われていた。

この写真を見た瞬間、なんともいえない想いが私の中にはしった。
そして、この女性たちと話がしてみたい!ととっさに思った。

イスラム教において、女性の立場は男性と同等ではない。
それを私は非難しようとは思わない。
でも、

彼女たちにとって、幸せってどういうことなんだろう?

そんな疑問が私の中に生まれたのも事実である。
身体をすべて真っ黒な布で覆いつくされている姿は、女性として少しだけもったいないように思う。それを可哀想だとか、不幸だとかいうのではない。それは違う。だって本人たちにしか、何が心を満たして、何に価値を置いてなんて言う権利がない。

周囲の慌ただしいオフィスの夜に、
たった1枚の写真から、
ふと、
ムスリムの国へ行きたい!という衝動がわいた。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-02 23:07 | say to myself

見えない何かを見る目を養う力


自分にとって 物事の良い悪いを見抜く力
最近、この重要性を痛感している。

たとえ、自分が弱い立場にあったとしても
気になる何かがあるのなら、
決して先に進んではいけない。

何を基準に判断をするのか?
それは簡単なようで難しいような‥
私の場合、ほぼ感覚や勘かな。

勘っていうのは、
過去の似たような経験から来ているという話もあり、、
それもなんとなくある気がする。

でも、とにかく
全ては自分の目や感覚で見極めていきたい。


そして
日々の生活で、自分の目に入るもの全ては
そんな重要な決断をするための
大切な情報なのだと思うよ。


P.S.
過去2回のネタが落ち気味だったので、普通のラインに戻してみました。
もう何も考えずに脇目も振らず行動してしまいたいものです。
でも、何も考えないと失敗してしまうのです。。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-26 01:00 | say to myself

何ニ 追ワレテル?


ホームに立って
電車が来るのを待っているとき

誰かに背中を押される気がする

そんな人は、
何かに追われているでしょ?

って何かで読みました。

これってまさに私のこと
相当、押される気がします(笑


でも問題なのは、
何に追われているのか
さっぱり分からないこと。

それかもしくは
あれかな?これかな?って
候補はたくさんありすぎること。

でも、これだってものがないんです‥

ああ もう
疲れちゃうな‥ ‥
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-26 00:19 | say to myself

キャパシティ


これ以上何もできないのではないかと
ふと思うことがある

実はなにもできていなかったのではないかと
そう思うこともある

もう充分自分の限界を超えていて

とはいっても
もともと小さな器しかなくて

そう考え出すと
怖くて 
もう
生きることができないんじゃないかって

そこから逃げるために
日々 物事をやり遂げては
自信を栄養として蓄えたり 消費しながら
過ごしてきた

ほんとに自信がない
自分が信じられない


どうやってみんな自信をつけているのか
どうやって生きているのか

知りたいな

たまにこんなに辛くなるのは
何かに向かって
必死に努力する目標がないから?

いや
それもまたちょっと
違う気がするな

いつまでこの恐怖が
私に付きまとうのかな。。



 
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-26 00:08 | say to myself

滑車の原理?!


ところで、

一度止まってしまった滑車は動き出すのに時間がかかるでしょ?

でも、一つでも稼動すれば、次々動き出す。

これって、私のライフスタイルそのものです。。


完全停止状態にあった身体を、今日は動かしてみました。

要は、ジムに行きました(笑

今まで黙っておりましたが、
一年の間に、思ったより身体が重くなっていました。

要は、太っていました。かなり‥(笑

今まで、太ったとはいっても、服が着られなくなるということはありませんでしたが、
今回は違います。
筋金入りです。

着られる服も少なくなってきたので、さすがに緊急事態発生!ということで
さっさとハードに運動を始めることにしました。

もともと、運動をして汗をかくことは大好きなので辛くはないです。
ただ、スポーツクラブは雰囲気に馴染めないから続かないだけです。
でも、そうも言っていられません。

とにかく今は、ハードに動いて少しでも減量したい。

さて、いつになったら元の身体に戻るでしょう?

それはさておき、
一つ何かをやり始めると、
わりと他にもやりたかったことや、やろうとしていたことが
チャンチャン始められる不思議‥

そして心身充実。

いいんじゃないですか!!

願わくば、
平日にプライベートタイムが欲しい‥ ‥


以上
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-19 23:37 | say to myself

demilitarized zone


素足で踏み込もうとした瞬間だった。

そのとき、冷ややかな風が通り抜けるのを感じた。

私は、どこかに捨てたはずの石や銃を想った。

 マダ イッテハイケナイ‥ ‥


いつまでこうして ここにいるのだろう

あるいは永遠か


遠くから見えるその牙が
現実小さなものだとして
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-19 23:16 | say to myself

意識


いつもの歩道橋で、急に呼吸がうまくいかない。

それでも前に進むけど、
湿った重い空気がそれを阻む。

ドウシテ?

横に目をやれば、月が深い群青の空を見せる。

不安ナノ?
落チ着イタノ?

そうだ、酸素が足りない。
酸素をください、どうか私に。

「このあたりじゃ今、酸素注意報発令中よ。」

ネエ、気付イタ?
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-18 01:32 | say to myself

告白‥


色や形はちがっても、
全部同じ仕上がりで、

協調性は抜群だけど、
単体だとほぼ働きなし。

バランスをうまく保っているようで、
相性はいまいち‥

いかにもです。


ごめんなさい‥
私はあなたが嫌いです。

幕の内弁当さん
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-18 01:12 | say to myself

ジカントイフモノ


Character is the result of two things:mental attitude and the way we spend our time.


-Ralph Waldo Emerson(U.S.philosopher,poet and essayist,1803-82)


「性格は二つのことで決まる。つまり心構えと時間の使い方だ。」


私は、一般的に言う時間の使い方がうまい方ではない。
効率的になんでもできる方ではない。
ちゃきちゃき動き回って、さくさくなんでもこなせる類の人たちからみたら、
とてもイライラするだろう。

私は、時間に動かされるのはほんとに好きではない。
時間に自分を管理されている気がするから。
自分の思うように時間を過ごしていきたい。

でも、少しだけ葛藤がある。
まだまだ自分に時間はたっぷりあるなんて思っているけど、
たまにその怖さを感じることもある。
自分があるはずだったプランの到達地点にたどり着いていない場合に、
あ、もうこんなに時間が経ってしまったのか‥と。

そんなときに、やっぱり自分が時間に支配されているのかと思うことがある。
そして、時間に支配されるのではなくて、自分が時間を支配しなければならないと強く思う一瞬がある。

時間は、その人によって流れ方が違うものだと信じている。
また、好きなことをしている時や楽しいときと、苦痛な時や退屈な時では、
同じ時間であっても、同じではないと感じている。

このやりとりは、自分自身との戦い。
ペースをこのまま守りたい自分と、それを打破しようと思う自分。
これは、ほんとに難しい。
私にとって最大の難問。

だって、自分がどうしたいのかも
いまだ見えていないので。

でももう少し、時を意識してみよう。
実験的にね。



P.S.
これを書いている今も、真夜中です。
ついつい、さっきNHKで俳句甲子園に見入ってしまった。。
もう眠くて、頭も冴えない‥
こんな時にブログを書くのもどうかと思ったが、今書かないと今週は書けない気がしたので。
こういう場合も、もっと時間を考えればよかったって思う。少しだけ(笑
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-09-11 02:54


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧