Don't you think?


このブログを立ち上げてから、1年以上がたちました。訪問してくださったみなさまに、少しでも''考える時間''をもっていただければ本望です。 shioringo 2006年・春
by calvados_xx9
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
*お友達ブログ&サイト*
OVER-30 in CANADA
(オチャさんのブログ。粋です♪)
我思フカナダニテ
(クールなよしくんのあたたかいブログ)
Invisible Dragon
(在加歴10年超、男前な関西人!!不可視龍さんのページ)
カナダ 心の旅日記
The reason why I come to Vancouver is to meet her・・
夢に向かって
(ほんとのカナダってこんな感じ?移民・主婦・学生の3役と奮闘中!!Mさんのページ)
Masahyの夢日記
(このブログ好き!!artistマサくん)
The Adventures of Tom Sawyer in Canada    (JazzyなTom Sawyerのブログ、お勉強したい人へ)

好きな人と私


知識よりも
経験よりも

人が私を成長させる。
心をしあわせに満たす。

だから、好きな人と会って話しをするためなら

私は、何も惜しまない。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-29 02:47 | say to myself

ジブンノセカイ


※これは、前回の「オヤジの回」に関連している。


 このまま何も考えずにいたら、
 この巨大なガラクタだらけの汚れた波に
 一気に飲み込まれてしまう。

今日、ふとそんなことを思った。
そして、少し怖くなった。
イヤダ!

静かに落ち着ける環境で、
ゆっくり自分を見つめる時間、
物思いにふける時間

そういう時間を持つことができたら、
惑わされない、流されないという自信につながって、
自分であることができる。

 そういう意味では、
 私には、考え出したら止まらないような
 
 「自分の世界」がある。
 
ただ、その世界にどっぷりじっくり浸かる機会を最近失っている。

 住んでいる場所や生活スタイル
 それらが変わるだけで、
 「考える」ことも難しくなる。

それでも意識をして、気合をいれれば、
「考える」ための環境が快適に整う。

やめることはしない。
やめられないと思う。


考えることが私にとって自然だから。
 

 
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-29 02:35 | say to myself

TVの中のオヤジへ託す

今日も一日が終わり、
お家でのんびり夕食を楽しんでいた♪

そこに毎度おなじみNHKの登場である!

突然、画面にいっぱいに現れたオヤジは、素敵なお題で私のハートを掴んだ。

 「考えるを考える」

 オヤジ、なかなか興味あるよ。
 オヤジの話を聞かせてくれ。

そして、オヤジは‥
 
 「日本人は、考えるよりもとにかく行動するやつらだ。」
 「考える力は強くはない。だが、昨今のnoisyな環境が、余計に、考えることを邪魔している。」
 「だから、もっと静かに考える時間を持つべきではないだろうか?」
 
 (※私の独断で要約)  

といった問題提起できっぱり締めくくった。

  そうだよオヤジ!いいこと言う!
  今の私にはホットな話題だ。
  noisyな環境というのもあるが、
  
  考えることを忘れるくらい疲れ果ててしまっているのだよ。
  心に余裕もなくなってしまっているのだよ。

  どうしたらいいんだ?オヤジ
  どう思う?
  答えてくれー!


  次に続く(関連する)‥


 《お詫び》 
 文章中の不適切な表現お許しください。。m- -m
 某大学の教授の方でいらっしゃいました。
  
  
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-29 01:53 | say to myself

絡まった糸


物理的な物事で
人との距離を急に縮めようとすることは
してはいけない。

そしてそれを
簡単に受け入れてもいけない。

きっとそれは、
耐えうるぎりぎりの痛みで
長い期間、自分を苦しめる


しかしながら
痛みを伴う人もいれば
あるいは
伴わないどころか気づくことすらない種の人も多くいる

私の場合はといえば
明らかに前者であり

今も時おり
ずきずきと
苦しめられる

何かのタイミングで
ふと思い出したかのように‥


糸が絡まって
解いて抜けることができないとしたら、
器用じゃないから

切るしかないかな
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-24 01:43 | say to myself

ココロノセカイ


最近は、以前よりずっと
心の世界や意識の世界に惹かれるようになった。
惹かれるというか、真っ先に信じている、信用しているというか‥
(ひとりで考え込むと、それより奥にいくこともあるけど)

これだけの物に囲まれる環境にいて、
物質中心の社会にいて、

私たちは何を得ることができたのだろう?

偽物の愛
たくさんの満たされない気持ち
孤独‥

そろそろ限界、超えたよね?


これからはもっと
人の心がフォーカスされると思うよ。

そうすると、
すごい未来には、
信仰、宗教のようなものも
 
 「君、何教?」とか「何系?」

とかいう会話が、
街でトレンドとなっていたりするかもね(笑

うーん‥
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-17 01:38 | say to myself

幸せな時間


昨日、お友達とこれから将来的にどんなことをしていきたいか
ちょっと熱く語り合いました。

誰かと本当に話すということは、
自分ひとりの中に押し込めているより、
より多くのものに気づかされるし、
何より共感してくれれば、心が満たされます。
素敵!!

そんな時間を私は大切にしたくて、
また、一番好きな時間でもあって、、

真剣に会話ができるお友達がいて幸せです。
心も充実します。ありがとう


まだカナダへ立って初期の頃、
たまたま数週間同じお家で過ごすことになった男の子と
凄くいろいろな話をしました。
 
 なんか人と繋がってるって感じがする。
 生きてるって感じられるんだよね。

カナダでの生活を表現した彼のことばは、
私の中で印象に残っているものです。

当時の私は、まだ海外での生活をはじめたばかりで、
将来の不安を周囲の人に打ち明けてはいたものの
今のようなある程度の道筋もなく、もがいて模索していた最中というのもあり、
彼の言った意味の半分ほどしか理解できていなかったように思います。

それから彼も帰国し、半年ほど経って、その間、私自身種々さまざまな経験も経て
今はもうその意味を飲み込めた気がします。

私が、コーヒーを飲みながら
友達と真剣に会話をする時間が
充実していて、幸せだなと感じるのも

本当の意味で、人との繋がりを感じられるからだろう。

自分を必要とされたり、認められたりすることがあって
人ってしあわせに生きられるのでしょ。

人が人をしあわせにするの。
地位や名誉、お金なんかでさみしさなんか埋められないよ。

きっとね
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-17 01:13 | say to myself

真ん中のことば


何か人に伝えたいと思うとき、
もしくは、その人を少しでもいい方向に連れて行ってあげたいなと思うとき、
私は「真ん中のことば」を言うようにしている。

私の意見として言いたいことがふわっと浮かんだら、
それを伝えるために、

大雑把なことばではなくって、
かといって、細かなことばでもなくって、

その中間のことば

真ん中のことばがいいと思う。

自分らしさもありつつ、その人のためだけのことばにもなるでしょ。
それにあまり具体的だと、人って拒否したくならない?(笑
そこは、相手の反応を見て入ればいいし。

そして、真ん中のことばは
その相手に一番
響くことばなんじゃないかと思うから。

私ができる、してあげられる範囲内で。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-17 00:13 | say to myself

書くというアウトプット

あるライターの方に、
「ものを書くときに、重要視していることはなんですか?」
と聞いてみた。

 「うーん、LOVEかな。」

とひとこと。
究極のご回答ありがとうございました(笑

私だったら、
「自分の気持ちをそのまま正直に書くこと。」かな。
世間の嗜好に惑わされてしまわないように。

自分の文章が、誰かのためにもなっていて欲しいけど、
一番に自分のためだから、嘘をついたら意味が無い。

そして、できるだけその気持ちに近づけること。

だって、思考やましてや感情などの気持ちをことばにするのは簡単じゃないと思う。
表現力という力が必要だしね。

小学生の頃、毎日詩を書いていた時期があった。
どうしてはじめたのか思い出せないけれど、
誰に見られてもいいように、小学生ででき得る限りのテクを使って、
おとなに気に入られるような詩を書いていたようにも思う。
「いい子」と見られるためにね。

中学生になって、いわゆる思春期に入り、心の中は荒れ放題となった。
とはいっても、荒れて世間に迷惑をかけるような行動は一切ない(笑
見た目もごくごくふつうの真面目な学生であった。(と、自分で言うのもおかしいけど笑)
だから、ぶつけようのない憤りを手帳に毎日ぶちまけていた。
その手帳たちが今は発見されないのが残念だが、、
かなり悲観的内容であったことは確かである。

当時は、ある親友と自己の内面と向き合うような哲学的な話も大いにしていた。
そんな時間が、とても充実していたし、楽しかった。
その時は、それが「哲学」だとか意識は全くなかったけれど。。

そんな書く歴史(自発的に)があって、今がある。
今は、いい子になるためでも悲観論者になるためでもない。
ただ書きたい、伝えたいと思うから書いている。

もう、どこかで自分をアウトプットしないと生きていくのも辛い。。
と感じるということは、私にとって書くことは

「うーん、生きるってことかな。」

これで対等でしょ。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-10 23:34 | say to myself

幸せのかけら 


この間TVを見ていたら、とある番組に橋田先生がゲストで出演されていた。
先生の作品のファンである私は、しばらく番組を見ることにした。

そして、脚本家になってよかったことは?という客席からの質問に、
先生は以下のようなことをおっしゃった。

  自分の思っていることや考えていることを、作品を通して
  みなさまに伝えることができるというのは幸せなこと

そうだった。
私が以前に仕事を辞めたのも、自分がもっと出せる仕事がしたいと思っていたからだった。

私は、先生と環境は違えど同じ種の幸せのかけらを求めている。
それだけで、少し心強くなる。

こうやって私は日々、誰かのことばに共感したり導かれたりしながら、足場を踏み固めて少しづつ前に進もうとしている。

たとえ、先生が本当におっしゃりたかった意味と私が共感する部分に
ズレが生じていたとしても‥
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-10 22:46 | say to myself

自信のつくりかた


先日、家にあった小冊子をパラパラめくっていると、
とある女性版画家の方のインタビューが載っていました。

 自分の中で揺れ動かない何かを持つこと。
 それが自信になって、
 美につながる。

といった内容だった。
そうだ!!難しいことじゃないじゃん。

 今の時代、たくさん新しいものが入ってくる。
 それらをすべて受容するのではなくて、
 自分の中で変わらない何か軸のようなものを持つこと。

確かに。
私が帰国後、一番に思ったことは
日本って、不要なものがたくさんあって、その不要なたくさんに過去の私は左右されていたんだなってことだった。
その時も、もう惑わされないと決めたし、自信もある。

今の私には、揺れ動かない何かが、具体的にこれだ!とは言えないけれど、
身体の奥にある気がする。
でも、以前は無かった。
どこで、どうやって手に入れたんだろう?
以前は、なんとなく、、で行動していた。
そして、あるときどうしても行かなきゃいけない気がしてカナダにも行った。

今は、エネルギーを使うところ、どうでもいいものなど、自分なりにてきぱき判別できるようになった。判断基準は、自分をそれに費やしたとして将来的に心が満たされるのか?って感じ。
カナダに行って、帰ってきただけなのに(笑

だから、もしも悩んでいる人がいたら、とりあえずゆっくり考える時間を持って欲しい。
そして、飾らないありのままの自分を出せる環境で素の自分を周りの友達にぶつけてみて欲しい。きっと、みんな真剣に返してくれると思うから。

うん、それかな。

だから、海外に行きたいけど‥ってうずうずしている人がいたら
ぜひ、行ってみてほしい!!
英語とか勉強とか関係なくね。

それ以上のものが、得られるチャンスがあると思うよ。
もちろん、真剣に探そうとしないといけないけどね。

話が熱くそれました(m- -m)


なんだか最近、自分が感じていることを同じように言ってくれる人がいて、
心強いです。たとえ、私が一方的に存じ上げている方々だとしても(笑

そっか、こうやって自信を持ってもいいんだね。
でも、持ちすぎないようにしなきゃね(笑

自信過剰は自己の成長を妨げます。

というのは、私の基本理論です。
適度なバランス、これ大事。


p.s.
久しぶりにお友達と再会をして、心の栄養をもらいました。

それにしても、毎回ネタ満載です!!
やっぱ、書くの好きなのかもな。。

次回は、大きな発表ができるようにがんばります。
なんかちょっと追い込まれた気分。。
[PR]
# by calvados_xx9 | 2005-10-03 00:24 | say to myself


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧