Don't you think?


このブログを立ち上げてから、1年以上がたちました。訪問してくださったみなさまに、少しでも''考える時間''をもっていただければ本望です。 shioringo 2006年・春
by calvados_xx9
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
*お友達ブログ&サイト*
OVER-30 in CANADA
(オチャさんのブログ。粋です♪)
我思フカナダニテ
(クールなよしくんのあたたかいブログ)
Invisible Dragon
(在加歴10年超、男前な関西人!!不可視龍さんのページ)
カナダ 心の旅日記
The reason why I come to Vancouver is to meet her・・
夢に向かって
(ほんとのカナダってこんな感じ?移民・主婦・学生の3役と奮闘中!!Mさんのページ)
Masahyの夢日記
(このブログ好き!!artistマサくん)
The Adventures of Tom Sawyer in Canada    (JazzyなTom Sawyerのブログ、お勉強したい人へ)

<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コスメ的快楽

人によって、ストレスの発散方法はいろいろだと思う。
ストレスの発散という言葉を使うと、
自分がとても疲れている気がするので、
今はあまり使いたくない。

ということで、
頭を空っぽにして、心地よくなる方法ということにしよう。

私の心地よくなる方法のひとつに、「コスメ」がある。

デパートに行って、すごい勢いで同じブランドのコスメを購入すること。
すごいとはいっても、一度に5~6万円くらいかな。(最近はここまでいかないけど)

一番の楽しみは、購入した化粧品を使う時ではなくて、
購入した品々を、パッケージごと机に並べているときである。

きれいなお姉さんに丁寧な説明をうけて、購入したきれいなパッケージに入ったコスメたち。
箱から出して、中身を確認して、また箱に戻して並べる。

自宅に持ち帰っても、それらのコスメたちの周りだけは華やかだ。

その間、しばらくは幸せな時間が続く。
そして、しばらくはパッケージに入れながら使用するというのがお決まりである。

だからなのか、
お気に入りのコスメは、パッケージも華やかでかわいいものばかり。
もちろん、捨てずにとってある。

パッケージに入っているからといって、薬局で安く購入できる同じ品物ではだめ。
購入するまでの過程も大事。
売り場の華やかな雰囲気や、ちゃんと、きれいなお姉さんに丁寧な説明を受けるところから。


いつもの自分がいる世界と違う、華やかな世界。
売り場に足を踏み入れた瞬間から始まる、
心地よくなる方法、「少し贅沢で華やか編」である。

これも「憧れ」のひとつかな



《自分への反省メモ》
今回の記事、思ったより内容薄いな。
もっと突っ込んで書きたかったのに。
ちょっとダメだった‥
気分が盛り上がってるときに、無理にでも書くべきかも。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-29 00:50 | say to myself

憧れと現実


私は、常に何かに憧れていたいのだと思う。
それだけで、半分は幸せだと思う。
特に女子なら、この気持ちを分かってくれるのではないかと思う。

かつて、私はとっても好きなアーティストの方がいた。
尊敬と、それよりもむしろ憧れが大きかった。

私はなんとかその方と接触できないものかと考えた。
幸いにも、その方はラジオ番組を持っていたので、
手紙を書いたりして、毎回読まれるのを楽しみにしていた。

ある年のお正月に、私は以前もそうしていたように、その方に年賀状を送った。
手先は人一倍不器用な私だけれど、失敗を繰り返しながらも、なんとか満足のいく作品ができあがった。

そして、その年始めのラジオ番組で、その方が一番気に入った年賀状といって私の年賀状を紹介してくれた。

その瞬間、いつもそうしていたように机に向かっていた私の全身が凍りついた。
音も何も聞こえなくなって、身体が一つの神経細胞になってしまったかのようだった。
もう、涙がとまらなかった。
嬉しくて嬉しくて、早く誰かに伝えたくてしょうがなかった。

その瞬間が、今までで最も嬉しかった瞬間かもしれない。

そして今も、その感覚を求めているのかもしれない。

それから少しして、その方と直接会うことができた。
若干16歳、
完全に負けたと思った。
まだ、会うべきではなかったと少し悔やんだ。

ただの一ファンとして出会うのは自分が望んだことではなかった。

普段、それほど貪欲ではない(と思う)私だが、こういう話は別だ。

もしも、会って話す機会があるとしたら、自分もそれなりの魅力を持って、その方に少しは相応しい自分で勝負したいと思っていた。

幸いにも、今は憧れの対象が増えた。
そして、これまでどんな自分で、どんな風に会ったらいいのか悩んでいたけど、
今はっきり見えてきた。
作戦はある、あとは私の努め次第。

憧れは現実にもなるんじゃないかと思う。
こんな風に言うと、憧れは憧れだからいいのだと反論をされそうだけれど。。
どんな事態になろうと、私は、追いかけて掴みに行きたい性分のようだ。

あの時の感覚は、きっと思春期独特のもので、実際今の私が欲しているものではないと思う。
そのころに比べて、私はもっと欲深く、ちょっとは現実主義になったからだ。

でも変わらないのは、ある日の未来の自分を想像しては毎日の活力として楽しんでいる自分である。
それは幼少の頃、バービー人形を手にしながら、完全な空想と憧れの世界で遊んでいた自分の延長なのかもしれない。

それでも、歳を経るにつれ、
形を変えながらも、憧れへ着実に近づいているような手ごたえを感じている。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-24 00:32 | say to myself

コミュニケーション


ところで、
今の職場は、コミュニケーションがとてもよく図れている思う。

そして、とても素敵な方ばかりで、いまだに信じられないくらい。
残業も全く苦ではないよ(笑

以前働いていた会社と比べて、極端な差にとても驚いている。
あの頃は、ほんと軍隊に所属しているかのような窮屈な毎日でとても苦しかった。
身体や心を犠牲にして、身につけたものは忍耐。

もちろん、仕事をする上での規律のようなものを厳しく叩き込まれたことは、
今になってみれば感謝している。これからも大いに役立つと思う。

でもやっぱり、
人として魅力ある尊敬できる方たちとオシゴトをしたい。
私が思うに、そんな方たちはコミュニケーションがとてもうまい。
うまいというと語弊がある気がするが、さりげなく、自然である。

「国際ビジネス上でのコミュニケーション能力」

よく見る言葉だけれど、
今まで、なんだか難しいこと言ってるなって思ってたけど、
薄っぺらい言葉だなとも思っていたけれど、

そもそもコミュニケーションって何?っていう疑問があった。

でも今、この意味がようやく飲み込めた気がする。
私なりに理解できた気がする。

国際ビジネスだろうが、国内ビジネスだろうが、
どちらにしても必要なこと。

ただ、
確かに日本人はこの能力が弱いのではないかな。

今の職場の方々が、お互いよい関係を築くことができているのは、
常日頃、他の国の人たちと接しているからかもしれない。

ここで、これから仕事をさせてもらうにあたって、私が学んでいくべきこと、
いえ、学んでいきたいことはこのコミュニケーション能力。

「私はこんな人間なんです、あなたはどう?」

って、そんなに難しいことじゃないよね。

とにかくこれからが楽しみです。


あなたの考える本当の意味のコミュニケーションはなんですか?
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-13 01:09 | say to myself

英語とオシゴト


一週間お疲れさま、自分!

今週から復活したオシゴトは、某自動車会社の海外営業部。
そして、担当は中近東。

少し英語を使った仕事がしたいと言った私に、派遣会社が紹介してくれた会社が今の会社だが、初めて英語を使って仕事をするにはよい環境だと思う。

初めて直面したビジネス英語、
簡単な内容のメールでも、時間がかかってしまう。。

今、心がけていることは一つ。
簡潔で、わかりやすいメールを作成すること。

電話をする機会は今のところあまりないけれど、
サウジの方の英語がさっぱり聞き取れません。。
これは、かなりショックでした。。

これから慣れるのかなぁ‥

まぁ、、

スロースタートで参ります♪
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-10 21:24 | say to myself

今の自分メモ

好きなひと、もの、こと‥

・自分の言葉で自分を表現できるひと
・東京事変、椎名林檎さん
・洗練されたもの
・アバクロの服
・運動して汗を流すこと
・ゆったりしたコーヒー屋さん
・人哲学について会話をすること
・自分にやさしい本を読むこと


やりたいこと‥

・コーヒー屋さんでアルバイト
・ラクロス
・国際人的は思考を持つこと
・ヨーロッパで仕事をすること
・ライターになること
・華道


嫌いなもの‥

・他人の言葉を使って物を言うひと。
・busy places


苦手なもの‥

・調子のいい人
・朝
・整理整頓と計画性


好きなものや、やりたいことが多いね。
これがある限り、私は大丈夫なんじゃないかな。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-07 02:14

サイキンノマトメ

最近やたらとこのブログの更新が多い!
というのも、オシゴトがもうすぐ始まりそうな感じなので、
それまでゆっくり休もうと毎日のんびり過ごしている最近だからです。

なんだかんだうるさく申し上げていたオシゴトは、
結局、某自動車会社の海外事業部に落ち着きそうです。
決め手は、なんと
「社食があるから(笑」

というのが第一で、
あとはその会社がどんな雰囲気なのか覗いてみたいというのもあって、、
対外イメージと内部って必ずしも一致してなかったりするじゃないですか。
だから、一消費者として気になったわけですよ。

そして、
前回、なぜ突然、子育てについて書いたのかというと、、
姪っ子が目の前をウロチョロしているからというよりは、
先日、久しぶりに再会した前の会社のお友達の影響です。

とにかく早く結婚をして、退職をしたいらしい。
そんなOLってやっぱり今でも多いらしい。
でも、以前に勤めていた会社では、結婚しても続けている人が多かったけど。
まぁ、その辺はまた今度突っ込んで書くとして。。

それはさておき、
数年前までは、とにかく結婚って感じだったのが、
最近は、そろそろ早く子供を産まないと!!ってなっちゃってるみたいで。

え?子供やっぱりみんな欲しいんだ‥

って少しは衝撃的だったので、書いてみました。

そういえば、以前にも「子供は欲しいか?」って話題で盛り上がったときに、
「どうして欲しいの?」って聞いたら、
「女性だし、それが普通。」とか「老後のため。」とかいう返答が。

ふーん、これはまた議論してみる甲斐がありそうな感じ。
日本の社会的には、少子化や絡んで年金が問題だったり、いろいろあるけど、
私は今、独身の同世代の女の子たちが、そんな社会的背景を無視したとして
産みたいのかどうか聞いてみたいかな。

結果がでたらまたお知らせします。


P.S.今日は、久しぶりにFCをやりました♪FCってファミリーコンピューターですよ。
たくさんあったはずのソフト(カセット)が激減。。どこにいってしまったのでしょう?!
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-01 23:25 | say to myself

産まないつもりの子育て論

今、1歳半になる姪っ子が家に遊びにきている。
昨年、最後に見た時は、ゴロゴロ寝っころがってるだけだったのに、
もう、よたよた歩き回っている。
子供の成長には目を見張るものがある。

実は、私は子供が苦手。
できることなら欲しくないとずっと思っている。
(ま、心変わりもあるかもしれないが。)

まず、出産が辛い。(気がする)
子育てはもっと辛い。(気がする)
この御時世、普通に育てていく自信がない。

と、かなり消極的である。

がしかし、
もしも子供を持ったとしたら、
ぜひともこうあって欲しいという夢だけは、かなり具体的に膨らんでいる。

最終的には、アーティストになって欲しい。
絵や映像だろうが音楽だろうがなんでもいい。分野は問わない。
そして、何より人生をできる限り楽しんでほしい。

そのために、自分が仮に親であったとして心にとめておきたいこと、
子供に授けたいものはたった一つ

豊かで鋭い感受性を持った人間に育てるということ。


そのために、何をするべきか?

これはあくまで私の見解だが、
まず、幼児期になるべく外に連れ出して自然をたくさん見せてあげること。
花、草木、風、雲、夕日、、
そして、ただ見せてあげるだけではなく、側にいる大人は選ばないとならない。
なぜならその影響はかなり大きい。

親が一番ベストだけれど、別に親に限らなくともいい。
でもやはり、感受性の豊かな大人が側についているべきだ。
ここで、不可欠な想像力を育む。

そしてもう一つ、
できればサラリーマン家庭ではなく、商売をやっているような家に育つ方がいい。
なぜか?
幼いことから様々な種類の人をみることができ、また、親が働いている姿を子供に見せることで、洞察力や繊細さが育まれるから。

私は、教育学を勉強したわけでもなんでもない。
こう思ったのは、何人かの好きなアーティストの生い立ちを知り、共通したような部分を自分なりの解釈も含めて書き留めただけである。だから、支離滅裂なことを言っているかもしれない。


かなり前からこの構想は夢を持って膨らんでいるのだけど、、


やっぱり
子供を産む勇気はありません(笑


今のところは

ね?
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-01 00:16 | say to myself


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧