Don't you think?


このブログを立ち上げてから、1年以上がたちました。訪問してくださったみなさまに、少しでも''考える時間''をもっていただければ本望です。 shioringo 2006年・春
by calvados_xx9
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
*お友達ブログ&サイト*
OVER-30 in CANADA
(オチャさんのブログ。粋です♪)
我思フカナダニテ
(クールなよしくんのあたたかいブログ)
Invisible Dragon
(在加歴10年超、男前な関西人!!不可視龍さんのページ)
カナダ 心の旅日記
The reason why I come to Vancouver is to meet her・・
夢に向かって
(ほんとのカナダってこんな感じ?移民・主婦・学生の3役と奮闘中!!Mさんのページ)
Masahyの夢日記
(このブログ好き!!artistマサくん)
The Adventures of Tom Sawyer in Canada    (JazzyなTom Sawyerのブログ、お勉強したい人へ)

カテゴリ:未分類( 42 )

松崎さんの反対は??


最近、私のところに入ってくる情報として多いのが

「生涯のパートナーは、自分の両親に似ている」

という哀しいお知らせである。

つまり、
男性は母親に似た人を嫁とし、
女性は父親に似た人を夫とする
と世間では言われているのだそうだ。

そんなの
私は認めないよ。
認めたくないよ。

私の父は、友人曰く‘松崎しげる’さんのイメージがあるそうだ。

となると、
私が生涯のパートナーを選ぶとするなら、
好きな人を探すよりも、

より‘松崎しげる’さんに似た人を探す方が、迅速かつ効率的!!
仕事できるじゃん!!ってことか??

えー

ま、それは妄想ということにして現実に戻ると、
母の父は、私の父と正反対のパーソナリティだ。
これは明確。
父方は、父の母は私が生を受けてすぐ亡くなったので、不明のまま。。
でも、話を聞く限り、私の母とは正反対のようだ。

となると、
私も両親の血を受け継ぎ、
父とは正反対のパーソナリティを持った男性をパートナーとするべきなのか?

松崎しげるさんの反対??

すごい虚弱体質ぎみ?

それはもっと

いやーーーーーーーーーーー!!!!!
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-10-02 23:30

ジカントイフモノ


Character is the result of two things:mental attitude and the way we spend our time.


-Ralph Waldo Emerson(U.S.philosopher,poet and essayist,1803-82)


「性格は二つのことで決まる。つまり心構えと時間の使い方だ。」


私は、一般的に言う時間の使い方がうまい方ではない。
効率的になんでもできる方ではない。
ちゃきちゃき動き回って、さくさくなんでもこなせる類の人たちからみたら、
とてもイライラするだろう。

私は、時間に動かされるのはほんとに好きではない。
時間に自分を管理されている気がするから。
自分の思うように時間を過ごしていきたい。

でも、少しだけ葛藤がある。
まだまだ自分に時間はたっぷりあるなんて思っているけど、
たまにその怖さを感じることもある。
自分があるはずだったプランの到達地点にたどり着いていない場合に、
あ、もうこんなに時間が経ってしまったのか‥と。

そんなときに、やっぱり自分が時間に支配されているのかと思うことがある。
そして、時間に支配されるのではなくて、自分が時間を支配しなければならないと強く思う一瞬がある。

時間は、その人によって流れ方が違うものだと信じている。
また、好きなことをしている時や楽しいときと、苦痛な時や退屈な時では、
同じ時間であっても、同じではないと感じている。

このやりとりは、自分自身との戦い。
ペースをこのまま守りたい自分と、それを打破しようと思う自分。
これは、ほんとに難しい。
私にとって最大の難問。

だって、自分がどうしたいのかも
いまだ見えていないので。

でももう少し、時を意識してみよう。
実験的にね。



P.S.
これを書いている今も、真夜中です。
ついつい、さっきNHKで俳句甲子園に見入ってしまった。。
もう眠くて、頭も冴えない‥
こんな時にブログを書くのもどうかと思ったが、今書かないと今週は書けない気がしたので。
こういう場合も、もっと時間を考えればよかったって思う。少しだけ(笑
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-09-11 02:54

今の自分メモ

好きなひと、もの、こと‥

・自分の言葉で自分を表現できるひと
・東京事変、椎名林檎さん
・洗練されたもの
・アバクロの服
・運動して汗を流すこと
・ゆったりしたコーヒー屋さん
・人哲学について会話をすること
・自分にやさしい本を読むこと


やりたいこと‥

・コーヒー屋さんでアルバイト
・ラクロス
・国際人的は思考を持つこと
・ヨーロッパで仕事をすること
・ライターになること
・華道


嫌いなもの‥

・他人の言葉を使って物を言うひと。
・busy places


苦手なもの‥

・調子のいい人
・朝
・整理整頓と計画性


好きなものや、やりたいことが多いね。
これがある限り、私は大丈夫なんじゃないかな。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-08-07 02:14

Requiem


突然すぎて、何もいえない。
この状況すらまだしっかり受け入れられていない。

でも、
同期だった友達がこの世からいなくなってしまったということは、事実である。

享年27歳、
私と同じ年。

原因は、胃がんだったという。

同じ時間を同じように過ごし、同じ会社に同じ時に入り、
配属先こそ違ったものの、同じように苦楽を共にしてきた。

最後に会ったのは、私の退職パーティに来てくれた時かな。
不思議と他のみんなと違ったオーラを持ってた彼女、
少しの悩みを持っていそうだったけれど、明るく元気だったと思う。

どうしてこの人が?ってことが、この世の中にはあるけれど、
私は、彼女も含めそういう人たちはもう許された人たちなんだと思う。
もう、あるところまで分かってしまった人たちなんだと思う。
だから、神様が「もういいよ」って他の世界に連れていってしまうのではないかと。

だから彼女の死は、私に悲しみだけをもたらしているのではない。
また、他の世界で明るく元気に、そして何より彼女らしくあってほしいと願う。

死に顔もきれいだったし、
元気に微笑んでいるようにみえたから。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-25 00:29

女のダンディズム


私は
ずるいし、弱いし、勝手。

でも、それをどうにかしようとは思わない。

人だしね、
女だしね。

でも
そのずるさや弱さ、勝手さと
ずっと向き合っていたいと思うんだよね。

今のところはね。


それが私の考える

女のダンディズムかな。


もちろん、
それがゆえに、
辛いことや葛藤もあるけど。。

それも含めて、


今のところはね。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-19 01:31

Cafe

カフェでゆっくり読書や考えごとをしたり、

海辺で風を感じながらボーっと過ごしたり、

そういう時間って大切だと思う。

少なくとも私には。

でもどうして、
日本にいると、
そんな時間を作ることが難しいんだろう?

周りにモノが溢れているからかな?

一杯のコーヒーがどれだけ楽しみで、
心を落ち着けてくれるか知っているから、
カフェで働いてみたいのです。

Jun 6th '05 in Montreal
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-19 01:00

東京にて


東京は、大きくて深く複雑で、
でもそのほとんどが不要なもの。


東京には、余計なものが多すぎる。

シンプルなカナダとは対照的だね。

かつての私は、その余計な部分に凄く左右されていたんだと思う。

カナダでの8ヶ月が、

その余計なものを取り除いてくれていた。

それがはっきりとわかった今、

もう惑わされません。

自分の中に信じているものと、必要なものだけを追って、
生きていく自信がわいてきた気がするんだよね。

だからみんな、
心配しないで。

今のところ、私は大丈夫だからね。


P.S.
Hi there!!

昨晩、日本に無事到着しました。

カードを書いてくれたみんな、パーティにきてくれたみんな
本当にどうもありがとう!!
私なんかのために、集まってくれて、カードも書いてくれて、
凄く嬉しかったよ。

お礼の気持ちは、またメールするからね。

See you
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-11 09:57

自分を生きます

今感じているのは、

以前よりももっと、

上手に生きられる気がするってこと。


自分が少しだけ、分かった気がするからかな。

自分を見ようとしない、把握しようとしなかったのは、
自分の可能性を固めてしまいたくなかったから。

無力な自分の逃げ場を作っていたんだと思う。

でも、ある程度自分を知った今、その方向に行ってみようと思う。


それを失うのはこわいけど、
きっと
今までとは違う生き方ができると思うから。


Jun 11st 2005
at Old Port Quebec
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-06 11:27

目に映るもの


そもそも

視覚的なものは、

どこまで信頼しうるのでしょうか。




現代人は、視覚ばかりが異常に発達してしまったという。
視力が圧倒的に弱く、匂いで人を好きになったという中世ヨーロッパの価値観をのぞいてみたいこのごろです。


Jun 6th 2005
at YH Montreal
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-06 11:19

写真  


写真はうそつきだと思う。

その瞬間、そこにあった波動をそれ以上にもそれ以下にも見せる。

だから私は、写真が嫌い。

写真は美的アートか、
自分や誰かに何かを示すための道具でいい。

Jun 6th 2005 
at YH Montreal



P.S.
今日から、少しづつ旅中に書き留めていたことなんかをアップしていきたいと思います。

あ、ちなみに9日に帰国します。日本到着は、10日です。
8ヶ月ぶりの日本、カルチャーショックは覚悟の上です。。
[PR]
by calvados_xx9 | 2005-07-06 11:11


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧